ご予約は各講座・カウンセリングページよりお願いします

女性が仕事をするということ その3

カウンセラー養成スクールの姉妹校を運営するようになって3年。
“このスクールのやり方にはついていけない”と感じていました。

  


また、同じ路線の沿線にあるので、本校と比べられる姉妹校はやはり入学生が少なく、経営も楽ではありませんでした。それ以上に、本校のお偉い方には “うちのスタッフを潰さないでほしい”とさえ思っていたのでした。 

  

スクールでは年に一度、卒業式が行われます。
わたしが姉妹校を運営するようになって、うちの生徒と本校の生徒が一緒に卒業式をするようになりました。

  


それまで乾杯の音頭をとるのは、卒業生代表でしたが(姉妹校をするようになって)わたしが挨拶も含めて乾杯をしていました。

  

辞めると決まった年の卒業式。

わたしにはなにも告げられず、本校の卒業生が乾杯の音頭を取っていました。

  

卒業生には、一人一人賞状を渡しながら、先生がコメントをひとこと伝えます。

本校の卒業生がみな終わり、うちの生徒の順番になったとき、ショックと悲しさで涙が出そうになりました。生徒さんにも申し訳ないくらいに、恥ずかしかった。

  

本校の先生は、うちの卒業生を見るでもなくテーブルに並んだ料理を食べていたのです。


前年までは「姉妹校の生徒もうちの生徒」と言いながら、一緒に拍手をしてくれていましたが、手のひらを返したように「去っていくものは放っておけ」みたいな。

卒業式が終わった後、うちの生徒はすぐに帰ってしまいました。 

  

  
そりゃそうです。 

本校の先生に無視されたのですから。

  

いくら辞めるとはいえ、姉妹校の生徒にまで態度を露わにするとは。
“なんて大人気ない” というか、“それがカウンセラーを育てる人なの?” と悔しさでいっぱいでした。

  

姉妹校を閉じるにあたり、卒業生が学ぶ(本校の)アカデミークラスに進むという生徒さんはいませんでした。

 

  

そりゃそうでしょう。 

彼らは、わたしを慕ってくれていたのですから。

  

そこでも一言ありました。

「これがお前がやってきた結果や。一人も本校に来ない。」

  

いやいや、本校の先生に無視されてる人が行くはずない。
“この人は何を言ってるのだろう” と、もう意味がわからなくなってました。(苦笑)

  

  

あのとき辞めないで、ずっとあの場所と関わっていたら・・・

  


わたしは、こんなに学び、資格を得たりすることはなかったでしょう。

なぜなら、本校(スクール)は、他に学びにいくことをすごく嫌がってました。

  


生徒が 

「別のところで違うことを学びたい」

といえば

「そのグループ全員のmixi(当時流行っていたSNS)を覗き見してコピーとってこい」

とか。

  


スパイみたいなこともやらされたりしました。

  


他に行くやつはもう知らん、て感じで。
自分のお気に入りの生徒が誘われたら困るのでmixiを……

めちゃくちゃ嫌でした。 

  

でもノーが言えなかった。

今なら言っていたでしょうけど。

  

なので 他の世界を知らなかった。

  

  

フリーになって、様々な心理学を専門的に学ぶ機会を得ました。
今だから言えますが、本当にやめてよかった。

  

わたしは、事務所を借りてフリーで仕事を始めましたが、そのために家のお金を使ったことはありません。スクールのお金も、花屋をしていたときに貯めていたものです。

確かにパートナーがいることで、食べることすら事欠くという状況にはならないかもしれません。

  
しかし、自分が好きでする仕事の資金は、すべて自分でやり繰りしました。

援助してほしいなど、ひと言も言わなかった。

  

  


主婦の道楽のように言われたこと
女性が仕事をするということは、小金を持った幸せな主婦が片手間にするように言われたこと

わたしは、その言葉を、体験をを忘れてはいません。

  

  

あれから20年。

本当にたくさんの知識を学んできました。
自己投資をしました。

  

それは、『自分が毎日楽しく、自分らしく生きるため』です。

ただただ『幸せを感じたかった』だけです。

  

今も自分への投資は欠かしません。
いくらお金が入っても、自己投資などに消えてしまうのも事実です。

  

苦労している?

  

いいえ、そのおかげで『わたしは今、最高に幸せ』です。

  

交流分析を専門的に学び身につけ、NLPを段階を経て学び、ゲシュタルト・トランスパーソナル・傾聴・コーチ・カウンセラー・ヒーラー・リーディングなど……たくさんの勉強をしました。

  

生きやすくもなりました。
ノーを言えるようになりました。
好きを好き、嫌いを嫌いと言えるようになりました。

  
  


周りの方々は、本当にわたしを支えてくれます。 
わたしを大切に扱ってくださいます。

  

相手を大切に扱えないものは、他から自分も大切に扱ってもらえない。
そう確信しています。
  
  

  

わたしはメッセンジャーでありたい。

  

  

様々な体験と経験の中で得た知識、学びを、一人でも多くの方に “より早い時期に” 伝えたい。

これからの残された時間は、世の中に貢献ができるように、私が学んだこと、知っていることすべてを、さまざまな形で “届ける” と誓っています。

  

  

あなたの夢は何ですか?
あなたは、どのようになりたいですか?
あなたの人生は誰のものですか?

  

  

前に 前に 
一緒に歩んでいきませんか?

  

  

こちらのブログも応援してください

 ↓

https://note.com/ririka_nishikawa/n/n14654230742f

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
アバター画像
JapanメンタルヘルスLab
内なる成長を引き出す大阪の専門家集団。 心理学講座で知識を深め、 カウンセリングとコーチングで個別サポート。 あなたの変革を応援し、自己発見と自信を養い、 充実した人生を築くお手伝いをします。⁡