ご予約は各講座・カウンセリングページよりお願いします

女性が仕事をするということ その2

わたしがカウンセラー養成スクールの姉妹校を開校したいと思ったのは、通学していたスクールの先生の考え方が好きだったから。

  

少人数制

講座自体がカウンセリング

一人一人に寄り添う

アットホームな環境

  

通学しているときは、その先生をリスペクトしていた。

  

  

しかし、姉妹校をするとなった途端、彼は全く別の顔を見せたのだった。

ある意味、わたしは自分の想いが裏切られたように感じた。

  

  

「主婦が自営したいって、金があるからやってんやろ」

 
「お前とこはええな。旦那に言うたら金だすんやろ?」

  

「お前カウンセリング下手やな。相手が落ちそうになったら、そっと手を握るんや。そしたら泣きよる。お前はそれができてない」

  

「接待は任せたからな。うちのスタッフも一緒にうまいもん食わしてやってくれ」

  
「本校があるからお前とこは成り立ってる。本校をお前は潰す気か?」

  
「所詮(しょせん)主婦のお遊び。最近傲慢になってんちゃうか?」

etc.

  

なんども涙がでそうになるくらい悔しい思いをした。

  


これがカウンセラーのいう言葉なのか?

  


毎月、家賃・光熱費・ロイヤリティで30万円を振り込んだ。

  
実際の家賃などは知らなかった。

やめるときに知ってびっくりしたものだ。

  

その人がやめるとき、わたしに言ったこと

  


「お前が一番偉いなと思ったことは、3年間一度も “毎月の振込を待ってくれ” とか ”払えない”とか言わなかったことだ。きっちり毎月振込されていたことだ。」

  

  

姉妹校を始めてすぐに 

  


「あー、わたしはこの人を先生とは思えない。このスクールの方針には裏表があった。あなたもカウンセラーなら、この道を指導する立場なら、言葉を選んだほうが良い。」

  


と思った。

  

  

しかし、なんでも石の上にも三年いれば暖まるという。
3年は続けようと決めた。

  

  

彼は、わたしやうちのスタッフによく言っていた。

  

「俺には俺の成功哲学がある」

  

  

この3年間は、泣きながらも修行させてもらう期間にもなった。

  


姉妹校を始めて、すぐにエサレン研究に行く機会も得た。

ワークショップは楽しかった。

アメリカのトレーナーから受けるゲシュタルトは、流石にすごかった。

  


それを経験させてくれたことには、本当に感謝している。

  

  

わたしが大学を卒業して、認定心理士をとったとき、彼はメールでこう伝えてきた。

  

「これで、西川さんはわたしより上です。高卒の私と違い、大学を卒業して資格を得た。わたしより上です」

  

わたしは、そんな言葉が欲しかったのじゃない。

  

「おめでとう。頑張ったね」

  

ただそのひと言でよかったんだ。

  

  

40過ぎの主婦が自営をすること、女性が仕事をすることが片手間のように見られていた時代。

  

“ここと縁を切ろう”と踏ん切りがついたのは、姉妹校を閉める最後の卒業生を送る食事会のときだった。あのときほど悔しく、情けなく、ここから離れようと強く思ったことはなかった。

  

  

そして、わたしの新たなる夢はこの日から始まった。

  

  

つづきは、また明日に。

  

  

  

こちらのブログも応援してください

 ↓

https://note.com/ririka_nishikawa/n/n0da186206960

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
アバター画像
JapanメンタルヘルスLab
内なる成長を引き出す大阪の専門家集団。 心理学講座で知識を深め、 カウンセリングとコーチングで個別サポート。 あなたの変革を応援し、自己発見と自信を養い、 充実した人生を築くお手伝いをします。⁡