ご予約は各講座・カウンセリングページよりお願いします

NLP心理学とは?

NLPというけど、何の略?どういう意味?

と、思っている方も多いのではないでしょうか。

NLP心理学とは、主に「神経言語プログラミング(Neuro-Linguistic Programming)」と

呼ばれる心理学的アプローチのことを指します。

神経言語プログラミング(NLP)は、1970年代にアメリカでリチャード・バンドラーと

ジョン・グリンダーによって開発されました。

NLPは、人間の思考・感情・行動のパターンを理解し、

変更・改善するための技術やモデルを提供しています。

これは、心理療法・コミュニケーション・教育・自己啓発などの分野で広く利用されています。NLPの基本的な考え方は、人間の経験が言語や感覚を通じて

神経システムにエンコード(暗号化・記号化)され、それが行動や感情に影響を与えるというものです。

NLP心理学では、これらのプロセスを操作することで、

人間のパフォーマンスや感情の調整が可能であるとされています。

NLPには多くの技法やモデルが存在し、それらはコーチング・セラピー・教育などの分野で活用されています。

  • アンカリング(連想記憶の利用)
  • スワイッシュ・パターン(望ましくない感情や行動を変更するための技法)
  • メタモデル(言語パターンの分析)

などがあります。

NLPを学ぶとどうなるの?

NLP心理学を学ぶことで、以下のような効果や変化が期待できます。

ただし、個人差がありますし、NLPには科学的な根拠が十分に立証されていない部分もあるため、結果には個々の経験や状況によって違いがあることを理解しておく必要があります。

  1. コミュニケーション能力の向上
  2. 自己理解と自己改善
  3. 目標達成能力の向上
  4. ストレスや問題の解決能力の向上
  5. 教育やコーチングのスキル向上

少し詳しく説明していきます。

①コミュニケーション能力の向上

言語パターンや非言語コミュニケーションを分析し、相手とのコミュニケーションを円滑にする方法を提供します。

これにより、人間関係が向上し、職場や家庭でのコミュニケーションが

スムーズになることが期待できます。

②自己理解と自己改善

自分の思考や感情のパターンを理解し、それを変える方法を提案します。

これにより、自己認識が向上し、自己改善が促されることが期待できます。

③目標達成能力の向上

目標設定や計画立案の方法を提供し、自己効力感を高めることで、

目標達成が容易になることが期待できます。

④ストレスや問題の解決能力の向上

ストレスや問題に対処するための技法を提供します。

これにより、ストレス耐性が向上し、問題解決能力が高まることが期待できます。

⑤教育やコーチングのスキル向上

NLPの技法やモデルは、教育やコーチングの分野でも活用されています。

NLP心理学を学ぶことで、教育者やコーチとしてのスキルが向上することが期待できます。

NLPについて、少しはお分かりいただけましたでしょうか。

もし、ご関心がありましたら、ぜひ当社のNLP認定講座へお越し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
アバター画像
JapanメンタルヘルスLab
内なる成長を引き出す大阪の専門家集団。 心理学講座で知識を深め、 カウンセリングとコーチングで個別サポート。 あなたの変革を応援し、自己発見と自信を養い、 充実した人生を築くお手伝いをします。⁡